不動産ニュース / ハウジング

2021/7/21

お台場で「機能分散型」公共トイレを提案

「LIXIL PARK」
物流施設のトイレ環境改善に開発した「withCUBE」を活用した
乳幼児連れ配慮の個室

 (株)LIXILは、多様なニーズに対応した「機能分散型」のパブリックトイレ6台を設置した「LIXIL PARK」を、東京・お台場のフジテレビ1階広場(東京都港区)に期間限定でオープンする。SDGsを推進するフジテレビの夏のイベント「THE ODAIBA2021」の一環として、同イベント期間中の7月21日~9月5日に設置する。

 公共空間に設けられてきたバリアフリートイレは、多機能であるがゆえにさまざまな人が利用し、車いす利用者が使いづらくなっていた。また公共トイレは、異性の親子利用、高齢者の異性介助、トランスジェンダーなど性的マイノリティなどが、これまでの「男女別トイレ」では利用しにくいことも大きな課題となっていた。今回のイベントは、共生社会の実現へ向け、年齢・性別・身体状況に関わらず、あらゆる人が利用できる公共トイレを目指す提案の一つ。

 男女共用の「機能分散型トイレ」を複数設置することで、年齢・性別・身体状況に応じ、すべての人が快適に利用できるような公共トイレを提案する。同社が物流施設等のトイレ環境改善を目的に開発した可動式アメニティブース「withCUBE」を活用。1,600mm×1,600mmの個室型トイレを6室(車いす配慮2室、ベーシック2室、オストメイト配慮1室、乳幼児連れ配慮1室)と、精神障害や発達障害の人がパニックになったとき心身を落ち着かせる空間「カームダウン・クールダウン室」と授乳室を設置している。

 ベースとなる「withCUBE」は屋内設置を前提とした商品のため、今回のイベントでは天井とLEDのライン照明、エアコンを設置。屋外でも快適に利用できるようにした。乳幼児連れ配慮の個室には、着替え事に素足で乗れるチェンジングボードに手すりを付け、子供を遊ばせておくこともできるようにした。また、ベーシックタイプの個室は、コロナ対策として非接触の操作パネルを設置している(非売品)。

 同社は今後、「withCUBE」を含め、機能分散型公共トイレの提案を積極化する方針。

乳幼児連れ配慮の個室には、着替え時に素足で立つためのチェンジングボードに手すりを付け、子供を遊ばせておくことができるようにした
ベーシックの個室のトイレは、非接触型の操作パネルを設置。スイッチサインがホログラムで浮かび上がり、その上に指をかざすことで操作できる
精神障害や発達障害の人がパニックになったとき心身を落ち着かせる空間「カームダウン・クールダウン室」

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。