不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/7/21

増収増益/野村不HD22年3月期1Q

 野村不動産ホールディングス(株)は21日、2022年3月期第1四半期決算(連結)を発表した。

 当期(21年4月1日~6月30日)は、売上高1,465億4,400万円(前年同期比7.4%増)、営業利益304億9,300万円(同70.3%増)、営業利益に持分法投資損益と企業買収に伴い発生する無形固定資産の償却費を足した事業利益は305億1,900万円(同68.5%増)、経常利益は278億2,500万円(同80.5%増)、当期純利益は186億600万円(同110.6%増)で、増収増益に。

 住宅部門は、住宅分譲事業で計上戸数が647戸(同39戸増)と増加した一方、平均価格が低下し、売上高466億200万円(同15.7%減)、事業利益17億3,400万円(同58.6%減)と減収減益に。通期の計上予定売上高に対する契約進捗率は80.5%、契約済み未計上残高は3,540戸(同1,280戸増)。
 都市開発部門は、収益不動産事業において物件売却収入が増加。売上高は676億円(同27.9%増)、事業利益は232億7,300万円(同124.6%増)となった。
 仲介・CRE部門は、売買仲介事業のリテールにおいて、新型コロナウイルス感染症の影響で一部営業活動を自粛した前年同期からの反動等により、取扱件数および取扱高が増加。これにより、売上高106億2,100万円(同23.9%増)、事業利益31億9,500万円(同96.4%増)を計上した。

 通期については、売上高6,800億円、営業利益770億円、事業利益840億円、経常利益725億円、当期純利益495億円を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。