不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/8/16

マンション、駅距離より「資産価値」「広さ」を重視

 (株)Housmartはこのほど、新型コロナウイルスの影響によるマンション購入における希望条件への変化についての調査結果を発表した。同社が運営するアプリ「カウル」の会員の登録情報を基にデータを分析したもの。回答件数は2019~21年の延べ1万5,802名。各年5~7月の期間のデータを対象としている。

 マンション購入において重視する項目について、最多回答はどの年も「資産価値」で、19年33.5%、20年37.1%、21年37.7%と、徐々に割合を増やしている。
 「広さ」についても、19年「26.0%」、20年「28.9%」、21年「32.5%」と増加傾向が確認できた。

 一方で「駅徒歩」については、19年「24.2%」、20年「14.8%」、21年「11.5%」と、減少傾向が続いている。

 同社は、「テレワークの普及によって、通勤時の駅距離よりも自宅で働ける場所を確保したいというニーズが定着化したと考えられる」と分析している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。