不動産ニュース / その他

2021/9/7

非FITを見据え太陽光発電投資ファンドを始動

 PHOTON CAPITAL合同会社は7日、石油資源開発(株)(JAPEX)、JA三井リース(株)、中央日本土地建物(株)の3社を有限責任組合員とする「PHOTON サステナブルソーラー投資事業有限責任組合」(LPS)を設立した。

 国内の開発段階、もしくは稼働中の太陽光発電プロジェクトを投資対象とする。ファンド総額は最大100億円、運営期間は20年(投資期間5年、運用期間15年)。

 今後、国内でさらなる拡大が期待される再生可能エネルギーの中で、事業立ち上げまでの期間が比較的短い太陽光発電への投資を行なうことで、早期の電源増加への貢献を目指す。また、固定価格買取制度(FIT)期間の順次終了を踏まえ、2022年度に開始されるFIP制度やコーポレートPPA(電力購入契約)などの非FIT案件を中心に組み入れ、今後の再生可能エネルギー事業に必要な知見を蓄積していく。

 なお、LPSが出資する太陽光発電所の管理・運営は、JAPEXとPHOTON CAPITALが共同出資で設立するアセットマネジメント会社が担当する予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。