不動産ニュース / 開発・分譲

2021/9/8

東建、脱炭素型のまちづくり推進へ慶大と共同研究

 東京建物(株)は8日、慶應義塾大学SFC研究所との間で、都心市街地における脱炭素型持続可能なまちづくりに関する共同研究契約を締結。八重洲・日本橋・京橋エリアを対象とした共同研究「M-NexT(エム・ネクスト)」を開始したと発表した。

 東京建物が再開発を推進する同エリアは、多数の企業が集積するビジネス地区であり、かつ今後も複数の大規模再開発の竣工が予定されている。エリアの持続可能な発展のためには、脱炭素型のまちづくりの実現が重要となるものの、カーボンニュートラルへの進展を数量的に図る可視化の手法等が確立されていないことが課題だった。

 そこで、「食料」「エネルギー」「水」の3つの視点でまちを複合的に捉え、「FEWprint」という独自の評価ツールで数値化するプラットフォーム「M-NEX(エム・ネックス)」を開発したSFCと連携し、共同研究を開始することとした。

 研究は、フェーズ1(ビルへの適用)、フェーズ2(まちへの適用)の2段階に分けて進めていく。すでに実施中のフェーズ1では、東京建物等が保有・運営する「東京スクエアガーデン」(東京都中央区)にM-NEXを適用。さまざまな省エネ・創エネ等の環境対策の効果を比較・評価し、カーボンニュートラルへの貢献度を可視化する。次のフェーズ2では、フェーズ1で得た検証結果を同エリアへ拡大展開していく予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。