不動産ニュース / 仲介・管理

2021/9/15

仕入れ高騰が直撃し赤字/GA21年10月期3Q

 (株)GA technologiesは14日、2021年10月期第3四半期決算(連結)を発表した。

 当期(20年11月1日~21年7月31日)は、売上高550億800万円(前年同期比38.2%増)、営業損失2億8,400万円(前年同期:営業利益6億8,400万円)、経常損失5億8,100万円(同:経常利益5億2,200万円)、当期純損失6億400万円(同:純利益1億4,200万円)。営業利益と減価償却費、のれん償却額を合わせたEBITDAは8億500万円(同41.2%減)となった。

 当期は、主力の投資用不動産販売「RENOSYマーケットプレイス事業」において、取引量が増加したものの、販売用不動産の仕入れ価格が高騰したことから、売上総利益の低い取引が多く発生。シェア獲得を優先して展開したこともあり、増収したものの大幅な赤字となった。

 このため、通期業績も20年12月に公表した予想を下方修正。売上高は850億円で据え置いたが、営業損失4億9,000万円(前回予想:営業利益24億5,500万円)、経常損失9億7,000万円(同:経常利益20億6,000万円)、当期純損失13億4,000万円(同:純利益10億円)、EBITDA9億8,600万円(同38億7,800万円)を見込む。

 同日開催した決算説明会で、同社代表取締役社長CEOの樋口 龍氏が今後の展望として、「RENOSYマーケットプレイス事業は会員数22万人、月間5,000人ずつ増えている。取引後は、ほぼすべてが当社の管理物件となっているため、市場シェアを獲得し、取引量の増大を図ることでストック売り上げ・利益を確保していきたい。認知度向上やマーケティング、システム開発、人員増強など、新規事業等も含めた各種投資を積極的に行なっていく」と話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。