不動産ニュース / 開発・分譲

2021/10/13

川崎のシェアレジデンスにデジタルツール導入

 (株)コスモスイニシアは13日、シェアレジデンス「nears(ニアーズ)川崎」(川崎市幸区、総戸数69戸)に、2つのデジタルルツールを導入すると発表した。

 同物件は、「 “ゆるやかな隣人”のいる新しい暮らし。」をコンセプトとしたシェアレジデンス。このコンセプトの実現に向け、住まいとしての利便性と高品質なセキュリティを保ちながら、レジデンス内のコミュニティ形成も安心して促進することができるデジタルツールを取り入れる。

 (株)MIWA Akerun Technologiesが新たに提供するスマートロックをアプリで解錠できる「Akerun.M」を全国で初めて導入。集合玄関および各居室のカギ開閉がハンズフリー・スマホアプリで可能とする。宅配BOXと連動することで、不在時の再配達や宅配BOXの番号入力等が不要となるほか、エレベータ―と連動して制御するため、セキュリティレベルの向上にもつながる。

 また、(株)stationの提供するコミュニティインフラツール「station」を賃貸住宅として初めて導入。共用部で過ごす人が出会うオフラインに加え、「station」によるオンラインでのコミュニケーションを可能とする。

 「nears川崎」は、10月22日に竣工、11月21日に入居開始予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。