不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/10/14

中華圏の投資家、日本不動産への投資意欲強く

 (株)GA technologies子会社で、中華圏最大級の日本不動産プラットフォームを運営する(株)神居秒算は14日、中華圏の投資家を対象に「コロナ後の不動産投資と海外旅行」について調査、結果を公表した。回答者は132人。

 海外への渡航が可能になれば物件を見に行くかという問いに対しては、「行く」という回答が93%に上った。また、現在の貯蓄のうち日本の不動産に投資しようとしている割合について聞くと、「5割以上」「3割」がそれぞれ26%と最も多く、「2割」が21%、「4割」が15%となった。さらに、日本の不動産への投資タイミングについては、56%が「今がチャンス」と回答するなど、強い投資意欲が明らかとなった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。