不動産ニュース / その他

2021/10/28

全分譲マンションを23年度にZEH化/積水ハ

 積水ハウス(株)は28日、2023年以降に販売する分譲マンション「グランドメゾン」の全住戸をZEHに、全棟をZEH-M(ゼッチ・マンション)にすると発表した。

 同社はこれまで、分譲マンションにおいてはZEH基準を全住戸で満たす低層分譲マンション「グランドメゾン覚王山菊坂町」(名古屋市千種区)を19年に建設。高層分譲マンションについても、「グランドメゾン上町一丁目タワー」(大阪市中央区)が経済産業省「平成31年度 超高層ZEH-M実証事業」に採択されている。
 21年度の新規着工案件はすべてZEH、ZEH-M基準をクリアする仕様に。今後販売する物件のZEHおよびZEH-M比率は、21年度が35%、22年度が85%、23年度には100%を達成する計画。

 グランドメゾンでは、外気に接する壁・屋根・柱・床などに断熱材を施工し、熱の出入りの大きな窓には断熱性能の高い高性能複層ガラスを採用。自宅でお湯と電気を作る家庭用燃料電池も標準採用する。さらに、高効率な空調・給湯設備などを採用することにより、建物全体のエネルギー消費の抑制に努め、ZEH、ZEH-M基準を満たしながら「低炭素住宅」認定の取得も進める。

 なお同社は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局によるカーボンニュートラルを目指す国際キャンペーン「Race to Zero」にも参加。ZEHをはじめとした事業全体の脱炭素化への取り組みを加速させる考え。

窓とサッシの断熱性能を高め、ZEHの基準を満たしながら快適性と眺望を確保する

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

家庭用燃料電池

家庭に設置して住宅に電力を供給する燃料電池をいう。燃料電池は電気化学反応によって発電する装置で、水素と酸素を化学反応させてこのとき発生する電気エネルギーを取り出す方法が用いられる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。