不動産ニュース / その他

2021/11/30

三菱地所、ポジティブ・インパクト・ファイナンスで資金調達

 三井住友信託銀行(株)と、三菱地所(株)は30日、国連環境計画・金融イニシアティブが提唱したポジティブ・インパクト金融原則に即した「ポジティブ・インパクト・ファイナンス(資金使途を限定しない事業会社向け投融資タイプ)」の融資契約を締結した。

 ポジティブ・インパクト・ファイナンスは、企業活動が環境・社会・経済に及ぼすインパクト(ポジティブな影響とネガティブな影響)を包括的に分析・評価。それらの活動の継続的な支援を目的に融資を行なうもの。企業の活動、製品、サービスによるSDGs達成への貢献度合いを評価指標として活用し、開示情報に基づきモニタリングを行なう。

 今回の融資にあたり三井住友信託銀行は、三菱地所グループがSDGsの目標達成にインパクトを与える「思考変動や環境課題に積極的に取り組むまちづくり」「暮らし方の変化と人材の変化に対応しあらゆる方々が活躍できるまちづくり」「新たな世界を生み出し続ける革新的なまちづくり」「安全安心に配慮し災害に対応する強靭でしなやかなまちづくり」といったテーマにつき定性的・定量的に評価を実施。さらに、(株)日本格付研究所により、評価に係る手続きのポジティブ・インパクト金融原則への準拠性、活用した評価指標の合理性についての第三者意見も取得している。

 融資期間は10年間、融資金額は50億円。三菱地所グループは、長期運転資金として活用する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。