不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/12/3

TDB景気動向指数、不動産は3ヵ月連続改善

 (株)帝国データバンク(TDB)は3日、2021年11月の「TDB景気動向調査」結果を発表した。有効回答数は1万1,504社。

 同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分かれ目)は43.1(前月比1.6ポイント増)と、3ヵ月連続で改善。新型コロナウイルス新規感染者数の落ち着きでプラスの材料が多く表れ、回復傾向が続いた。今後は、リベンジ消費や挽回生産などが見込まれる中、回復傾向が続くと見ている。
 業界別でも、調査全10業界、51業種中42業種が改善。24業種で、感染拡大前の20年1月を上回る水準まで回復した。

 「不動産」は44.7(同1.1ポイント増)で、3ヵ月連続の改善。「テレワークなどで住宅に対する新しい需要が生まれ、地方圏でも建物の売れ行きはおおむね好調」「緊急事態宣言の解除により、徐々に消費マインド好転の兆しが見え始めてきた」といった声が聞かれた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

テレワーク

働き方のひとつで、情報通信機器等を活用して時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く方法をいう。事業所に出勤せずに家で作業する在宅勤務、個人が委託・請負によって作業する在宅ワークなどがあるが、情報通信技術を幅広く活用することが特徴である。 テレワークにおいては、住宅が職場ともなり得る。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。