不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/12/8

飯田GHD、第3次中期経営計画を策定

 飯田グループホールディングス(株)は7日、「第3次中期経営計画」(2022年3月期~24年3月期)を策定した。

 基本戦略として「コア事業の競争力強化」と「事業ポートフォリオの拡大」を推進。主力である戸建分譲事業は利益重視の戦略をとる一方、マンション分譲事業、注文住宅事業、メンテ・リフォーム事業については事業規模を拡大し、収益構造の安定化を図る。海外事業への開発投資、次世代住宅や70年住宅等への研究開発投資、収益不動産ビジネス等のストック事業への投資を行なうとした。

 セグメント別で見ると、戸建分譲事業は、エリアごとの需要動向、競争環境に応じた事業展開により利益を拡大する。また、分譲戸建住宅が未成熟な市場や、同社の未進出エリアへ積極的に展開。住宅性能表示制度において分譲戸建住宅全棟で最高等級を取得し、価格競争力を維持しながら品質による商品差別化を実施する。

 マンション分譲事業は、すでに展開している首都圏エリアに加え、地方中核都市圏においても事業を展開し、供給戸数の拡大を目指す。また、開発期間の短い中小規模のマンションをメインターゲットとすることで在庫回転率を高めると共に資材共通化、オリジナル商品開発等により利益率の維持・向上を図る。

 24年3月期には、売上収益1兆7,200億円、営業利益1,650億~1,720億円を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。