不動産ニュース / イベント・セミナー

2021/12/8

21年最優秀リノベ作品は「災害を災凱へ」

 (一社)リノベーション協議会は7日、「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2021」の総合グランプリを発表。授賞式を開催した。

 同協議会加盟企業800社超の施工事例の中から、1年を代表するリノベーション作品を決定するコンテスト。今年で9回目の開催となる。
 施工費別に、「500万円未満」「1,000万円未満」「1,000万円以上」「無差別級」の4部門に事例を分類し、ノミネート作品を選出。1次審査はSNSを活用し、消費者の「いいね!」の数で決定した。最終選考は、業界新聞や雑誌など住宅系を中心としたメディアの編集者からなる委員が選考を行なった。

 今回は228作品がエントリー。投票期間は9月24日~10月27日、一次選考を11月5日に実施し、最終選考に進む62作品を選出した。「いいね!」の数は5万6,197で、参加企業数は91社。

 総合グランプリには、(株)タムタムデザインの「災害を災凱へ」(無差別級)を選出。同作品は、20年7月の豪雨により洪水被害を受けた熊本県人吉市の「球磨川くだり発船場」をリノベーションした地域観光拠点施設。従前の人吉城を踏襲した本瓦の和風建築から、外壁をカーテンウォールに改修。受付の壁には、九州全域から集めた砂や流木を使い、土砂のイメージを“応援の壁”に変えた。施工面積は540.88平方メートル、施工期間は8ヵ月、施工費は2億3,000万円(税込み)。

 大会を総評して、審査員から「自宅で過ごす時間を豊かにしたいという気持ちが、リノベーションにも反映されている」「コロナ禍で得た多くの気付きは、業界にとって追い風となる」「“働く”をテーマとしたリノベーションは、今後もバリエーションが増えていくだろう」などの感想が挙がった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。