不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2021/12/8

いちご、不動産小口化商品初弾の運用を開始

 (株)いちごは、不動産特定共同事業スキームを活用した新事業「いちごオーナーズビルシェア」を開始。第1号物件「PASEO目黒II」(東京都目黒区、総戸数11戸)を任意組合へ売却し、運用を開始した。

 事業者はいちごオーナーズ(株)。顧客が金銭を出資し、任意組合を組成、組合員となる。同社は任意組合の業務執行組合員となり、対象不動産の運用(賃貸管理等)や組合運営を行なう。組合員は、配当金額を出資持分に応じて受領する。事業期間満了時には対象不動産を売却し、組合員は売却代金から諸経費を差し引いた金額を出資持分に応じて受領し、事業終了となる。

 「PASEO目黒II」は2021年7月に販売を開始していた。想定運用期間は12年間。

「いちごオーナーズビルシェア」のスキーム

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産特定共同事業法

出資等を受けて不動産取引を行ない、その収益を分配する事業の仕組みを定めた法律で、そのような事業を「不動産特定共同事業」という。1994(平成6)年に制定された。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。