不動産ニュース / 開発・分譲

2021/12/16

大阪・堂島のタワマン、第1期185戸が完売/東建

「Brillia Tower 堂島」外観イメージ

 東京建物(株)は16日、分譲マンション「Brillia Tower 堂島」(大阪市北区、総戸数463戸)の1期1次・2次185戸が登録完売したと発表した。

 JR「大阪」駅から徒歩9分に立地。敷地面積約4,828平方メートル。鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上49階地下1階建てで、高さは195m。28~37階には「Four Seasons Hotel」が出店する。同ホテルと分譲住宅が一体となる超高層複合タワーの開発は日本初。竣工は2024年1月下旬、入居開始は同年5月下旬の予定。住戸はスタジオ~3LDK、専有面積は37.01~236.06平方メートル。天井高は約2.7~4.0m。44階以上の南東・北西角住戸(10戸)にはアウトドアリビングとして活用できる奥行きの深いルーフバルコニーを用意する。共用施設として、屋上テラス、パーティルーム、フィットネスルーム、バー、ワーキングブース等を備える。

 今年4月にオフィシャルサイトを開設、9月11日にはモデルルームをオープンした。11月29日までに6,300件を超える問い合わせがあり、モデルルーム来場者数は延べ2,700組。10月30日に第1次(130戸)、11月26日に第2次(55戸)の販売を開始。合計982件の登録申し込みがあり、平均倍率4.6倍、最高倍率は37倍となった。販売価格は5,280万~10億8,000万円。平均価格は約1億5,390万円。1億円を超える住戸は110戸、3億円を超える住戸は17戸。
 登録申し込み者は50歳台が最も多く、全体の25.7%。次いで60歳台が23.4%、30歳台が20.6%。世帯人数は2人(36.9%)、1人(31.7%)、4人(15.3%)。職業は会社役員が37.8%と最も多く、その他会社経営(15.4%)、会社員(14.9%)など。居住地は大阪府が63.5%を占めた。

 第2期販売は22年1月中旬に行なう予定。販売戸数、価格は未定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

タワーマンション

超高層の集合住宅をいう。そのかたちが塔(タワー)に似ていることから名づけられたが、タワーマンションは和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。