不動産ニュース / その他

2021/12/16

遊休スペースと移動店舗をマッチング/三井不

「MIKKE!」出店イメージ

 三井不動産(株)と同社グループの(株)ShareTomorrowは16日、11月中旬より本格始動したシェアリング商業プラットフォーム事業「MIKKE!(ミッケ)」の事業説明会を開催した。

 (株)ShareTomorrowは、同社グループ発の新規事業の開発・推進を担う会社として2021年7月に設立。「MIKKE!」は、マンションや公園、オフィスなどの空きスペースと、車両を使った「動く店舗」で出店したい事業者をマッチングするサービス。出店者には「出店する場所(区画)」「車両」「顧客情報」のシェアサービスを提供、ユーザーには商業施設とEコマース以外の第3の販売チャネルとして、新たな購買体験を提供する。

 出店者に提供する区画は、同社グループのアセットに限らず、ポテンシャルの高い立地を選定。車両については、大中小の3タイプ、調理設備のない専用車両をShareTomorrowが開発・購入し貸与することで出店者の投資負担を抑える。顧客情報については、売上実績と連携した顧客データを蓄積して提供。併せてアプリ等、顧客とのコミュニケーションの仕組みも構築していく。出店者像は、出店エリア(当初は湾岸エリア)に拠点がない事業者や、Web店舗のみなどの実店舗を持たない事業者のほか、マーケティング・広告宣伝目的のメーカーなどを想定している。

 12月より、同地区のマンション12区画、駐車場2区画、オフィスビル2区画、公園4区画で、食物販・物販・サービス16店舗がキャラバン営業する。1ヵ所につき日に2回店舗を入れ替えるシステム。今後は入れ替えの回数を増やし、営業できる店舗数を増やす。22年春までに60区画・60店舗以上の稼働を予定しており、以降東京都内を中心に順次拡大していく計画。

 ShareTomorrow代表取締役の須永 尚氏は、「コロナ禍で新しい生活が浸透し、ハード寄りの事業展開ではユーザーのニーズに応えきれない。ハードウェアでなく、働く・住まう・楽しむことのニーズにどう多様な選択肢が提供できるか。デジタルをうまく活用し、いままで培ってきたリアルなハードウェアと結び付けることで新しいユニークなサービスを創出していきたい」などと抱負を述べた。

16日よりキャラバンではなく固定型のイベントとして、江東区立豊洲公園でクリスマスマーケットを開催
焼き菓子や生活・美容健康雑貨などの店舗が出店している

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。