不動産ニュース / 仲介・管理

2022/1/12

東急不、学生向け物件で近大と共同研究

 東急不動産(株)と近畿大学は、2022年に開業予定の学生向け賃貸物件「キャンパスヴィレッジ大阪近大前」(大阪府東大阪市、総戸数251戸)において産学連携共同研究を実施する。

 「学生目線の販促活動および入居者同士の交流創出の仕組み作り」がテーマ。近畿大学経営学部経営学科教授の布施匡章氏のゼミが参画し、学生目線での入居者の販促活動、入居後の学生間のコミュニケーション作りの支援を行なうことで、ユーザーである学生から見た同物件の魅力を向上させることが狙い。同プロジェクトでは、21年に4回にわたりワークショップを開催し、各テーマにおける施策に関し議論してきた。最終提案では、学生同士の交流促進に向けて同じ趣味同士が集うキャンパスヴィレッジ内サークルや、授業教材や過去試験問題をアーカイブしたシェアライブラリー等の提案があり、今後は各案を同物件に導入すべく、検討を進めていく。なお、学生の提案を受け、1月より同大学学生によるデジタル広告による販促活動を開始する。

 同物件は、近鉄大阪線「弥刀」駅徒歩12分、近畿大学より徒歩9分に立地する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。