不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/1/25

シニア世代の相談窓口、子からの相談が増加

 三井不動産リアルティ(株)は25日、シニア世代の住まいに関する総合サポートサービス「シニアデザイン」に寄せられた相談内容等を公表した。

 「シニアデザイン」は、2021年1月に首都圏中心にサービスを開始。一般的な物件購入や賃貸などの住み替え相談のほか、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなどシニア世代向けの住まいの紹介・入居サポート、老後の資金相談、金融サポートサービスの紹介など、シニア世代の住まい関連の悩みにワンストップで対応している。

 この1年間に376名の相談を受け付けた。年齢別では、80歳代が42.6%でトップ。70歳代が32.6%で、70歳代以上が全体の約8割を占めた。また、子世代からの相談は23.2%。21年4月までの14.6%から大きく伸びた。

 属性別では本人(夫婦)27.8%でトップ。本人(単身女性)25.1%、本人(単身男性)21.0%と合わせ7割以上が本人で、「老後の暮らしは自分で決める」シニア世代が多かった。

 相談内容は「住み替え(シニア向け住宅等)」がトップ。以下「自宅を担保にしたリバースモーゲージなどの金融商品」「認知症対策」が続いた。認知症対策の相談は「本人から」が27.8%に対し、「子世代から」が72.2%と、子世代の主要な相談内容となっている。

 同サービスは、現在首都圏を中心に展開しているが、首都圏以外のユーザーからもウェブサイトを通じて問い合わせが寄せられていることから、今後は全国対応できるよう展開エリアの拡大を検討していく。

この記事の用語

リバースモーゲージ

持家を担保に生活資金を融資し、所有者の死亡もしくは契約終了時に一括返済する仕組みをいう。 時間の経過とともに融資残高が増加していき、最終的に一括して返済されることが特徴である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。