不動産ニュース / 仲介・管理

2022/1/27

C21、一建設と提携。リースバックメニューを拡大

 (株)センチュリー21・ジャパンは27日、一建設(株)と業務提携。一建設のライフサポート型リースバックサービス「リースバックプラス+」の提供を開始したと発表した。

 同社は従来から、リースバックサービスとして「売っても住めるんだワン」を提供。今回の業務提携により、リースバックサービスのメニュー拡大を図ると共に、ユーザーニーズへの対応力アップを図る。加盟店に対しては、賃貸借終了後の住み替え支援など、継続的な顧客ケアを促していく。

 「リースバックプラス+」は、賃貸借契約の更新ができる「標準プラン」と、1~5年の期間を定める「定期プラン」を用意。「標準」は、自宅を買い戻す際の設定価格から、経年による建物価値の減少分を差し引く。また「定期」については、最大1年分の賃料を無料として、売却金一部を預けることで賃料を減額できる仕組みを導入するなど、ユーザーの個別事情に応じた提案メニューを用意している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リースバック

不動産を売却し、その買い主から当該不動産を賃借する方法。英語のLeaseback。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。