不動産ニュース / 開発・分譲

2022/1/31

大阪で国内初となるオール電化の超高層ZEH-M

「シェリアタワー大阪堀江」イメージ

 関電不動産開発(株)、住友不動産(株)、パナソニック ホームズ(株)は31日、オール電化を採用したマンションとして国内で初めて「高層ZEH-M実証事業」に採択された「シェリアタワー大阪堀江」(大阪市西区、総戸数500戸)の開発計画を発表した。

 Osaka Metro千日前線・長堀鶴見緑地線「西長堀」駅徒歩4分に立地。敷地面積3,708.92平方メートル。鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上46階建て、延床面積5万3,700.24平方メートル。住戸の間取りは1LDK~4LDK。専有面積は44.08~142.15平方メートル。

 竣工後のCO2排出量を実質ゼロとする「実質CO2ゼロ・次世代型タワープロジェクト」を推進。オール電化の採用に加え、関西電力(株)の提供する「ゼロカーボン電気」を「マンション高圧一括受電サービス」にてマンション全体に導入することで、CO2排出量を実質ゼロとする。併せて外皮の高断熱性能および高効率な設備の導入により省エネルギーを実現する。

 また、レジリエンス性能を確保するため、災害時の早期ライフライン復旧実績のあるエコキュートを採用し、浸水対策として電気室は2階に設ける。超高層制振構造システム「デュアル・フレーム・システム」により、建物の内側に、立体駐車場を取り囲む形で「心棒」となる強固な「壁構造物(フリーウォール)」を構築し、建物外側の住棟部と制振装置で連結。地震の際は、内側と外側の揺れ方が異なる箇所で制震効果を発揮し、揺れのエネルギーを効率よく吸収。揺れも軽減する。

 7月上旬から販売を開始する。販売価格・戸数等は未定。2024年8月に竣工、同年9月中旬に引き渡しの予定。

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。