不動産ニュース / 開発・分譲

2022/2/4

三菱地所・東急不他、京都で次世代基幹物流施設

次世代基幹物流施設の完成予想図

 三菱地所(株)と東急不動産(株)は3日、京都府城陽市東部丘陵地青谷先行整備地区内での「次世代基幹物流施設」の開発計画を始動したと発表した。

 同計画は、貨物輸送需要の増大、深刻なトラックドライバー不足といった物流業界における課題解決に向け、完全自動運転や後続車無人隊列走行の受け入れを可能とした、高速道路直結の次世代物流施設を開発するもの。三菱地所が施行予定者として土地区画整理事業を実施。2025年に建物を着工、26年に竣工する予定。

 計画地は、新名神高速道路で建設が進む「宇治田原」IC(仮称)近く、敷地面積は約11万9,000平方メートル。延床面積約27万7,000平方メートルのマルチテナント型物流施設を建設する。また、宇治田原ICから物流施設に直結する専用ランプウェイ(約560m)を同時に整備する。

 物流施設は、三菱地所が整備。専用ランプウェイは、同社と東急不動産が共同で整備する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。