不動産ニュース / リフォーム

2022/2/16

芝公園で愛犬家ターゲットの「ヴィラフォンテーヌ」

「ワンBEDフォース」。ベッド4台を並べて、4名まで愛犬と共にくつろげる仕様に

 住友不動産ヴィラフォンテーヌ(株)は、東京都を中心に運営する都市型ホテル「ヴィラフォンテーヌ」において、新たに愛犬家をターゲットとする「inumo」ブランドを始動。第1弾となる「inumo 芝公園 by Villa Fontaine」(東京都港区、客室数70室)を、25日に開業する。

 同社は、伊豆高原で運営するリゾート型ホテル「ヴィラージュ伊豆高原」で愛犬と泊まれる宿泊サービスの提供を2007年に開始。15年間蓄積してきたその運営ノウハウを生かし、コロナ禍での新たな需要喚起策として、東京都心でも愛犬と気軽に立ち寄れる特化型ホテルの提供を決定した。

 JR・東京モノレール「浜松町」駅徒歩8分、都営地下鉄浅草・大江戸線「大門」駅徒歩4分、都営地下鉄三田線「御成門」駅徒歩2分に立地。地上9階地下1階建て、延床面積約4,610平方メートルの既存ホテル(16年竣工)を改修した。

 全客室約30平方メートルとゆとりある広さを持たせ、ツイン(39室)、キング(16室)はじめ最大4名まで宿泊できる計5タイプを提供。より愛犬との滞在が楽しめる2つのコンセプトルーム「inumoルーム」(4室)、「ワンBEDフォース」(4室)も用意した。「inumoルーム」は、ベッドの代わりにソファベッド2台を配置することで、愛犬がより広い空間で遊べるスペースを確保。「ワンBEDフォース」はベッド4台を並べて大きな1台とし、4名までベッドで愛犬と共にくつろげる仕様とした。

 全客室内で2頭まで受け入れ、リードは不要。おやつや食事用ボウル、粘着クリーナーや足拭きウェットティッシュ、マナーシート等の愛犬専用アメニティも常備する。

 共用設備として、地下1階を愛犬専用フロアに。約76平方メートルの全天候型ドッグランをはじめトリミングやグルーミングを提供するサロン、愛犬の一時預かりスペースを設置した。その他愛犬の食事を調理できるキッチンや貸し切りで利用できる有料のドッグラウンジも用意。なお、愛犬専用フロアに限らず、館内すべての場所でリード付きで自由に動き回ることができる。

 宿泊料金は愛犬との朝食に加え、ドッグランやグルーミングの利用料金、愛犬の一時預かりサービスも含む、オールインクルーシブで提供。平均料金は、ツイン(2名・愛犬2頭利用)で1室4万円台後半から5万円程度の見込み。別料金でイタリアンレストランでの夕食やトリミングサービス、貸切ドッグラウンジ(約30平方メートル)の利用も可能となっている。

 15日に実施した報道陣向け内覧会で、同社代表取締役の桝井俊幸氏は、「他社にない都心領域での挑戦としてこのホテルをつくった。これまでのヴィラフォンテーヌにこだわらずに、ただ泊まれるだけではない付加価値のあるホテルを展開していければ。また、既存ホテルについても今後リニューアルをスタートし、新しいホテルステイの在り方をとことん追求していきたい」などと述べた。

「inumo芝公園by Villa Fontaine」(手前の物件)外観
「inumoルーム」。ベッドの代わりにソファベッド2台を配置し、愛犬がより広い空間で遊べるスペースを確保した

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。