不動産ニュース / 開発・分譲

2022/3/31

回遊型住み替えサービス、第3弾募集も高反響

外部のホテルチェーンと連携し、対象施設を拡大。写真は「天然温泉 海神の湯 ドーミーインEXPRESS仙台シーサイド」(仙台市宮城野区、客室数183室)

 東急(株)は、同社が提供する定額制回遊型住み替えサービス「TsugiTsugi(ツギツギ)」で対象施設や宿泊プランを拡充。23日より3回目の利用者募集(2022年5・6月)を開始した。

 「TsugiTsugi」は、全国各地に点在する東急グループの宿泊施設の中から、その日の気分や都合に合わせて宿泊できる定額制サービスとして、21年4月にリリース。今回の募集に当たり、利用者アンケートを基にさらなるユーザビリティの向上を図った。

 対象施設の拡大を望む声が多かったことから、初めて外部のホテルチェーンにサービスへの参画を打診。(株)共立メンテナンスが展開するホテルチェーン「ドーミーイン」(全国75施設)等と連携し、利用可能施設数を78施設から173施設へと拡大した。「東北エリアをはじめ、東急グループでは網羅できなかった場所への進出が叶った。利用者は宿泊施設の選択肢が増えただけでなく、日本縦断のプラン等も立てやすくなったと思う」(同社ホスピタリティ事業部 アコモデーション戦略グループ 企画開発担当 課長補佐・川元一峰氏)。また「気軽に利用できるライトなプランを実装して欲しい」との声を受け、既存の30泊プランのほかに、新たに13泊プランも用意。料金は11万円(税込み)。いずれも同伴者1名までは無料で利用できる。

 抽選販売の13泊プラン(計8回、各期間30人限定)はすでに定員以上の問い合わせがあり、特に若年層からの引き合いが目立つという。「全体の4割がリピーター客で、サービスの定着を実感している」(川元氏)。今後も外部のホテルと連携し、施設数の拡大を目指す。「今回追加したホテルブランド以外からも参画の要望があり、現在協議を重ねている。200施設、300施設と対象施設を拡大することで、利用人数の定員も増やし、より多くの人に当サービスを利用してもらいたい」(同氏)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。