不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2022/4/20

分配金は3,244円/NMF22年2月期

 野村不動産マスターファンド投資法人(NMF)は19日、2022年2月期決算を発表した。

 当期(21年9月1日~22年2月28日)は、営業収益375億2,000万円(前期比0.0%)、営業利益145億9,300万円(同1.0%減)、経常利益123億8,000万円(同0.4%減)、当期純利益123億7,700万円(同0.5%減)。1口当たり分配金(利益超過分配金を含む)は3,244円(同44円減)となった。

 期中、1物件を取得し、2物件を譲渡。期末のポートフォリオは298物件、取得価格合計は約1兆813億円となった。東京圏への投資比率は83.2%、総賃貸可能面積は約216万平方メートル。ポートフォリオ全体の稼働率は98.7%(同0.6ポイント上昇)を維持している。

 次期は、営業収益387億6,200万円、営業利益154億6,700万円、経常利益132億7,100万円、当期純利益132億2,000万円、1口当たり分配金(利益超過分配金を含む)3,296円を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。