不動産ニュース / 団体・グループ

2022/5/10

インボイス制度の賃貸オーナーへの影響を研究

 (公財)日本賃貸住宅管理協会は、インボイス制度導入による賃貸オーナーへの影響等についての研究を開始した。

 同制度は、「適格請求書等保存方式」とも呼ばれ、売り手が買い手に対して正確な適用税率や消費税額等を伝えるためにインボイス(適格請求書)を交付するもの。買い手は売り手から交付されたインボイスによって仕入れ税額控除の適用を満たす。2023年10月1日よりスタートする。

 賃貸オーナーの多くは免税事業者であり、居住用物件の家賃の消費税は非課税であるものの、課税対象である店舗・オフィスや駐車場を所有するオーナーも多い。同制度の導入により、賃貸住宅管理事業者やサブリース事業者は、免税事業者である賃貸オーナーの店舗・オフィスや駐車場を管理しており、仕入れ税額控除が受けられなくなる可能性がある。

 そこで同協会では、法務委員長の関 輝夫氏を座長とする研究会を設置。顧問として塚本智康弁護士、渡邊浩滋税理士を迎える。全3回にわたって賃貸オーナーや賃貸住宅管理事業者が受ける影響や課題、その対策を研究して今夏をめどにマニュアル等を会員向けに公表する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。