不動産ニュース / 開発・分譲

2022/5/16

茅ヶ崎の低層M、ブランド地と規模感に高い評価

「ヴェレーナグラン茅ヶ崎東海岸」完成予想図

 大和地所レジデンス(株)が昨秋から販売中の分譲マション「ヴェレーナグラン茅ヶ崎東海岸」(神奈川県茅ケ崎市、総戸数111戸)の売れ行きが好調だ。地元では人気の高い立地とランドプラン、第一種低層住居専用地域で総戸数が100戸を超えるスケールメリット等が高く評価され、総戸数の8割が販売済み。

 同物件は、JR東海道線「茅ヶ崎」駅徒歩15分に立地する、地上4階地下1階建てのマンション。建設地は、駅南口から延びるメインストリート「雄三通り」東側に広がる「茅ヶ崎東」アドレスの一角で、企業の迎賓館跡地。かつては別荘地としても人気があった低層住宅街で、湘南エリアでの供給実績を評価され相対で取得した。

 緑が豊富で噴水や池もあった従前の歴史の継承と、緩やかな丘状の敷地形状を生かしたランドプランを計画。周辺住宅街より約1.7m高い位置を地盤面とし、ロの字型に建物を配置。その中心に500平方メートルもの中庭を配置し、敷地北側の一部は、既存樹を残したまま提供公園とした。共用施設として、中庭の滝を望むパーティラウンジ、キッズルーム、スカイラウンジ、サーフボード置き場・シャワーブースなどを用意した。

 住戸は、1LDK~3LDK、専有面積約53~100平方メートル。基準天井高は2,430mm、二重床・二重天井、食洗機、ミストサウナ、御影石カウンターのキッチン・洗面所、メーターモジュール廊下などが標準。奥行き4mの「オープンエアリビングバルコニー」付き住戸を6戸、プライベートガーデン・サンシェード付きのオープンエアリビングを21戸設定するほか、ルーフバルコニー付き住戸、コンサバトリー付き住戸など、60タイプを超えるプランを用意した。

 販売価格は、4,298万~1億2,000万円。坪単価は約280万円。販売開始からのモデルルーム来場者は500組超。最上階、100平方メートル台、1億円を超えるプレミアム住戸が富裕層の人気を集めたほか、企業経営者、大手企業勤務者などハイエンドユーザーの実需・買い増しが目立った。また、都内在住者が購入者の過半を超えるなど、稀少性の高いブランド立地により広域集客に成功した。

同社マンションのウリの一つ「オープンエアリビングバルコニー」を再現したモデルルーム

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。