不動産ニュース / その他

2022/5/16

災害時要援護者の安否確認優先度を可視化/森ビル

「災害時の状況可視化・情報連携システム」イメージ

 森ビル(株)は13日、3DマップとIoTデバイスのデータ連携による「災害時の状況可視化・情報連携システム」を独自開発したと発表した。

 内閣府の委託事業「スーパーシティ構想の実現に向けた先端的サービスの開発・構築等に関する実証調査業務」の一環。

 同システムでは、3Dマップの建物モデルに紐づく構造・用途などの建物情報と、IoT技術を活用した地震センサーから取得する地盤・建物の揺れデータ等のリアルタイム情報を連携することで、災害発生時の建物の危険度を判定する。さらに、地域の災害時要援護者(一人暮らし、寝たきり、認知症等を患う高齢者など、発災時に行政の救護や介護を必要とする人)情報を掛け合わせることで、要援護者の安否確認優先度を自動的に算出し、可視化できる。

 過疎化・高齢化が進む地方都市では、有事の際に要援護者の安否確認を電子的に行なうことが難しい。そうした都市で同システムの導入を進めることで、要援護者の安否確認優先度を明確化し、迅速な初動対応を実現する。

 今後は、「デジタル田園健康特区」に指定された長野県茅野市と連携し、システムの確立を目指した実証実験を行なっていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。