不動産ニュース / ハウジング

2022/5/20

分譲戸建住宅に冷凍庫を標準装備/ポラス

冷凍庫設置物件。右下が冷凍庫。その左側は冷蔵庫スペース

 ポラスグループ(株)中央住宅 マインドスクェア事業部は、冷凍庫を標準装備した戸建分譲住宅を増やしていく意向を明らかにした。

 冷凍室の活用度が高まっていた中で、コロナ禍での外出自粛で頻繁に買い物に行けない状況が発生し、まとめ買いをして冷凍保存する機会がさらに増加。同社の顧客からも「冷凍食品が増えすぎて、冷蔵庫の冷凍庫がいっぱいで困っている」という声が増えていた。そこで、2020年11月より供給する分譲住宅の一部に100~120リットルクラスの冷凍庫を標準装備としたところ、好評だったことから、今後は複数の分譲地で標準装備とした住宅を供給していくことに決定した。

 「マインドスクェア上石神井23 ENCANTOS」(東京都練馬区、全6棟)、「南流山 ポートテラス」(千葉県流山市、全4棟)、「田無 AIM-S」(東京都田無市、全18棟)での装備が決定しているという。

 なお、冷凍庫装備の住宅を購入した顧客からは、「買い置き、作り置きがしやすくなった」「ネットで冷凍食品の買い物がしやすくなる」などの声が寄せられている。

都内で分譲した住宅内の様子。冷蔵庫の右にあるものが冷凍庫(120リットル)

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

分譲

土地や建物を分割して譲渡すること。たとえば、「宅地分譲」は広い土地の一部を宅地として売り渡すこと、「分譲マンション」は一棟の建物及びその敷地を複数に区分して売り渡された住戸(区分所有している建物)である。通常、分割した土地や建物の所有権を売買契約によって移転する方法で行なわれる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。