不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/6/24

理想の出社頻度が低い人ほど郊外・地方移住意向が高く

 (株)野村総合研究所は24日、「働き方と郊外・地方移住に関するインターネットアンケート」の調査結果を発表した。

 2022年2月15日から21日にかけて、東京都内の従業員数300人以上の企業に勤務する20~60歳代の男女を対象に調査した。有効回答数は3,207人。

 まん延防止等重点措置の期間中であった22年2月の出社頻度については、「毎日出社」が38.3%。一方で、「週3日以下」が51.3%と、5割を超えた。まん延防止等重点措置の期間中ではあったものの、感染拡大防止を目的とした出社抑制が厳しく求められた時期ではなかったことから、テレワークを利用した柔軟な働き方が一定程度定着してきた結果、と分析している。

 理想とする出社頻度については、最多回答が「週1日未満出社」の31.4%で、「週3日以下」の合計が74.3%となった。現在の出社頻度は、週に3日以下の回答の合計が51.3%となり、実態よりもさらに低い出社頻度を志向していることが明らかとなった。
 現在と理想の出社頻度を掛け合わせてみたところ、現在の出社頻度が「理想通り」という回答は43.5%で、現在の出社頻度が「理想より多い」との回答が45%を占めた。

 5年以内の郊外・地方への移住意向について聞いたたところ、理想の出社頻度が少ない人ほど、郊外・地方への移住意向が高い傾向が見られ、特に理想の出社頻度が「週3日以下」の人は、「毎日」「週4日」の人よりも、移住意向が約9~15ポイント高い結果となった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

移住

住む場所を移すこと。生活の本拠地を移転する場合を言う。明確な定義はないが、「地方移住」「海外移住」のように使われる。 なお、一時的に他の場所に居住することは移住ではない。また、一般的に、近所に転居する場合も移住とは言わない。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。