不動産ニュース / 開発・分譲

2022/7/14

東急、横浜・あざみ野の分譲戸建てで郊外生活を提案

 東急(株)は14日、新築分譲戸建て「MINANOBA VILLAGE(ミナノバ・ビレッジ)」(横浜市青葉区、総区画数:36区画)を、今秋より販売すると発表した。

 同物件は、東急田園都市線「あざみ野」駅バス8分「大場坂上」バス停徒歩4分。敷地面積は約5,900平方メートル。郊外における新しいライフスタイルを提案し、テレワークを前提としたライフスタイルが定着する中で多様な過ごし方が実現できる仕様としている。

 南傾斜の高台立地を生かし、自然光や風の流れを意識したパッシブデザインで配棟を計画。“自由に手をかけて自分らしい暮らしを手に入れる、人生を愉しむ家”をコンセプトにしている。

 同社の戸建てブランド「ノイエあざみ野コートヴィラ」(19棟)と(株)アールシーコアが展開する「BESSの家」(6棟)、土地分譲11区画(予定)で構成。「ノイエあざみ野コートヴィラ」は多様化するライフスタイルに応じで間取りをカスタマイズできる他、一部分譲区画は創エネ住宅として太陽光・蓄電池システムを導入する。また、「BESSの家」は製造時のCO2排出量が少なくエコロジー性が高いログハウス2棟を含む計6棟を建築予定。

 さらに共有地として「MINANOBAの庭」を街区内に設置。約300平方メートルの共有地に家族や住民同士の交流の場となる屋外ワークスペース(Wi-Fi完備)やキャンプサイト、焚火サイト、イベントスペースといった多目的な空間を創出する。また、共用の備蓄庫を設置。工具や防災備品、アウトドア用品等を住民同士でシェアできるようにすることで、持続的なコミュニティの構築を促進していく。

 共有地へは防犯カメラを設置したり、管理組合の総会や理事会をWebでも実施する等、デジタル導入を図る予定。さらに共有地内へのコンポスト設置やEV対応駐車スペースの導入等、持続可能な社会・環境への取り組みも行なっていく。

 建売分譲は予定販売棟数・販売価格ともに未定。土地面積約129~181平方メートル、延床面積83~105平方メートル、木造2階建て。間取りは1LDK~3LDK。8月より段階的に竣工し、11月上旬に販売開始予定。

「MINANOBA VILLAGE」イメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ログハウス

丸太を主要な構造材とする家屋。柱、梁(はり)、壁が、丸太または太い角材によって造られ、丸太組工法(丸太を積み重ねる方法)で建築される。英語でlog-house。なお、軸組工法によって建築されるものであっても、柱、梁などに太い丸太を使い、その丸太を露出させた家屋などをログハウスと称することがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。