不動産ニュース / 開発・分譲

2022/7/22

駅直結・商業隣接に高評価/東急「南町田」

「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」完成予想模型
建設現場。写真右奥が「南町田」駅。建設地の背後が「南町田グランベリーパーク」で、駅と商業施設はデッキで接続される

 東急(株)は、定期借地権分譲マンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」(東京都町田市、総戸数375戸)の1期121戸の登録抽選を5日に行ない、161組の登録を集め完売した。

 同物件は、東急田園都市線「南町田」駅徒歩1分に立地する、地上34階地下1階建ての免震タワーマンション。建設地は、東急ストアの駐車場跡地で駅の南側に面し、同社が運営する大規模商業施設「南町田グランベリーパーク」に隣接。同施設を挟んだ西側には、広さ約7haの鶴間公園が広がる。駅および商業施設とはペデストリアンデッキで直結する。定期借地権分譲とすることで、商業施設とともに同社が一体でまちづくりを主導。借地期間終了後は建物を無償譲渡するスキームで、購入者の解体実務負担をなくす。

 建物は、南東・南西向きのV字配棟。中央は屋上からの吹き抜けとし、太陽光追尾採光システムで陽光を導く。クランベリーパークや鶴間公園の緑と一体化させるため、建物周囲をふんだんに緑化。入居者用ガーデンは、イベント等でまちに開放する。エントランスホールは天井高7mの吹き抜けで、螺旋階段を配した。共用施設として、ワークキャビンや全戸分トランクルーム、貸し菜園、ランドリールーム、テラスラウンジ、ワークスペース付きラウンジ、70平方メートルのゲストルーム2室などを備える。竣工は2024年3月の予定。

 住戸は2LDK~4LDK、専有面積約58~128平方メートル。3~33階が1フロア12戸、34階はプレミアムフロアで6戸で全戸100平方メートル超、トランクルームが住戸横に設置されるほか、設計変更にも対応する。天井高2,500mm、リビングサッシ高2,100mm。御影石キッチンカウンター(一部フィオレストーン)、ディスポーザー、床暖房、食洗器などが標準。

 21年11月にホームページをオープン。これまでのエントリー数は5,000組超。22年4月のモデルルームオープンからの来場者は900組。1期1次の坪単価は約300万円。最上階のプレミアムフロアは1億5,000万~1億8,990万円で全戸完売。7月下旬販売予定の1期3次(10戸)は、専有面積約58~75平方メートル。販売価格は5,200万~6,740万円(権利金1,130万~1,471万円含む)。月額地代は1万200~1万3,200円。敷金12万2,400~15万8,400円。

 1期1次登録者の居住地は、地元町田市25%、隣接する大和市・相模原市がそれぞれ10%。田園都市線沿線の横浜市(緑区・青葉区・都筑区)25%、東京23区(世田谷区・港区など)20%で、商業施設「グランベリーパーク」の商圏とほぼオーバーラップしているという。駅直結、商業施設隣接、緑の多い住環境が高く評価された。また、定期借地権分譲により比較的リーズナブルな価格であることから、90平方メートル台の4LDKが1番人気となった。

一番人気となった90平方メートル台の4LDK(モデルルームはメニュープランの2LDK)。定期借地権で価格が抑えられることも後押しした
リビング隣をリモートワーク用のスペースとして提案したメニュープラン

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。