不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/8/2

子供部屋の分割、実施した人は2割以下に

 (株)アキュラホームの社内研究所である住生活研究所と日本女子大学 定行研究室は1日、住宅内の空間の使い方やコロナ禍の暮らしの変化についての共同研究の結果を公表した。

 2011年および16年に同社で建築した2,525世帯の居住者を対象に、アンケートや聞き取り調査を実施。調査時期は21年9月17日~12月9日。有効回答数は1,716件。

 「LDKでの過ごし方」については、末子が小学生(4~6年)までの世帯は「おもちゃ等で遊ぶ」、「絵本・本を読む」、「勉強をする」などが多い結果となった。一方、中高生以降は、「スマートフォン等の操作」、「新聞・雑誌を読む」、「昼寝をする」など、個人がリラックスする用途が多く、LDKでは勉強する割合は低いことが明らかとなった。
 「在宅勤務を行なう場所」については、夫は個室、妻は「ダイニングテーブル」、「ダイニングやリビングの一角」の割合が高いという結果に。

 「個室数の変更計画の有無や実施状況」については、子供の成長に合わせて部屋を仕切るという計画は、新築当初は22%の家庭が採用しているが、そのうち実際に仕切った人は2割以下であることが明らかとなった。予算、難易度、時間などが顧客にとっては不透明で、ハードルが高いことがうかがえた。

 「在宅勤務に実施している環境整備」については、どの年代の子供がいても、最も多い回答は「集中するために一人だけの空間を確保する」というものだった。また「快適に作業ができるように温度や湿度、風通しを調整する」、「生活音が聞こえないようにドアや窓を閉める」などの回答も多かった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

一戸建て

独立した一軒の家屋がひとつの住戸となっている住宅。「戸建て」も同じ意味である。これに対して、複数の住戸で構成される建物を「集合住宅」「共同住宅」という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。