不動産ニュース / 政策・制度

2022/8/12

気候風土適応型プロジェクト、2件を採択

 国土交通省は10日、「気候風土適応型プロジェクト2022」(令和4年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)に採択されたプロジェクトの略称)を決定した。

 地域の気候風土に応じた建築技術の継承・発展と低炭素社会の実現に貢献するため、伝統的な住文化を継承しつつ、環境負荷の低減を図るモデル的な住宅の建設に対し、国が建設工事費の一部を支援するもの。

 4月28日~6月3日まで公募を実施。(一社)環境共生住宅推進協議会が設置した学識経験者からなる評価委員会による評価結果を踏まえ、2件を採択した。

 1件目は、日本の伝統建築文化の要素を継承し、東京のまち並み景観に多様性と深みをもたらす「東京の疊蔵(たたみぐら)」(東京都、(株)シティ環境建築設計)。生産から廃棄までのCO2発生量を抑制した店舗併用住宅。

 2件目は、県産材を生かし瓦屋根と漆喰壁で構成した「よみがえる産直住宅」(熊本県、すまい塾古川設計室(有))。林業家、製材所、工務店の3社で連携し産直「くまもとの山の木で家をつくる会」を発足。産地と建設現場をつなぎ、価格高騰や需給切迫に左右されず安定的に木材が供給されるシステムを構築した。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

サステイナビリティ

環境や社会経済が安定的に長く持続することまたは持続できる性質。英語のSustainability。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。