不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/8/12

スペースシェア専門のシンクタンク設立

 (株)スペースマーケットは9日、スペースシェア専門のシンクタンク「スペースシェア総研」(東京都渋谷区、所長:積田有平氏)を設立したと発表した。

 スペースシェア市場を業界全体で一丸となって活性化させ、スペースシェアが、空き家課題をはじめとする社会課題を解決する新たな選択肢になることを目的に活動を行なっていく。

 設立に合わせ「第1回スペースシェアに関する全国実態調査」を実施。全国の20歳~60歳代を対象に、7月16・17日にインターネットで調査。有効回答数は1万人。「スペースシェアサービス」(ADDress、モノオク等、インターネット上でスペースをマッチングして課金(サブスク型も含む)するプラットフォームモデル主要19社)および「スペース共有型サービス群」(コワーキングスペース、シェアオフィス、シェアキッチンなど、スペースを共有することにより課金するサービスモデル群)を提示して実態調査を実施した。

 認知率については、「スペースシェアサービス」について、20歳代は5人に1人が知っており、「スペース共有型サービス群」については、全世代において約半数が知っていた。

 利用目的については、「スペースシェアサービス」は、全世代において利用目的は、仕事・パーティ・地域コミュニティなど多用途に渡っている。一方、「スペース共有型サービス群」は「スペースシェアサービス」と比較して、全世代における「仕事」での利用割合が大きかった。

 利用頻度は、いずれの項目においても、20歳代は60%以上が、30歳代は50%以上が「月に1回程度以上」の頻度で利用している。

 また、いずれか、または両方を知っている人のうち、58.4%が社会課題解決に期待していることも分かった。中でも「空き家課題解決」への期待が最も大きく(18.6%)、次いで「地域や地域コミュニティ活性化」(16.1%)、「多様性の受け皿」(12.5%)と続いた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。