不動産ニュース / ハウジング

2022/9/16

大和ハ、新築戸建て検討者に「残価設定ローン」紹介

 大和ハウス工業(株)は16日、全国の新築戸建ての購入検討者に対して、(一社)移住・住みかえ支援機構(JTI)と日本住宅ローン(株)(MCJ)が共同開発した残価設定型住宅ローン「ローンのお守り」の紹介を10月1日に開始すると発表した。

 将来的な住み替えを想定した資金計画の一環として提案するもの。同ローン商品は、MCJが取り扱う住宅金融支援機構の住宅ローンに対して、前もって設定した月(残価設定月)以降いつでも、住宅ローン負債残高と同額でJTIが買い取る「残価買取オプション」と、毎月の返済額を大幅に抑えた「新型リバースモーゲージ」に借り換え変更できる「返済額軽減オプション」を付帯したもの。定年退職後の収入減少による返済不安等を解消するものとして商品化した。
 「残価買取」を選択していてもローン残高より高く売却できる場合、オプションを行使する必要はないほか、売却しなくてもJTIのマイホーム借り上げ制度を利用して賃貸運用することもできる。また、「返済額軽減」を選択して取得価格の9割を借り入れる場合、残価設定月には返済額が当初の月額支払いの3~4割に抑えられるという。

 対象となるのは、JTIが高い耐久性・耐震性や維持管理体制を認める「かせるストック証明書(定額型)」を発行した戸建住宅、かつマイホーム借り上げ制度を利用して実現可能な収益還元価値を査定したうえで残価設定月やその他の条件を記載した「かeせるオプション証明書(残価設定型)」を発行した住宅に限る。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。