不動産ニュース / その他

2022/10/31

三井不G、北海道等と建築物木材利用の促進で協定

 三井不動産(株)、三井不動産レジデンシャル(株)、三井ホーム(株)は31日、北海道および北海道森林組合連合会、北海道木材産業協同組合連合会と、「建築物木材利用促進協定」を締結した。

 協定では、北海道が北海道産木材の利用促進について技術的助言や補助事業等の情報を提供するほか、同協定に基づく取り組みの広報を行なう。北海道森林組合連合会は、あらかじめ建築材の供給体制を整えて合法伐採木材の供給を適時行ない、北海道木材産業協同組合連合会は地域材の利用促進および施設整備への財政的支援に取り組む。

 また、同社グループは今後建設予定の建築物について、北海道産の木材の利用に努めていく。

 北海道の企業等との本協定締結は初の事例であり、同社は本協定の趣旨である2050年脱炭素社会の実現や、林業とその関連産業の活性化による地方創生の実現に貢献していくとしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。