不動産ニュース / 開発・分譲

2023/1/5

タイの戸建開発PJに参画/日本エスコン

「(仮称)BRITANIA BANGNA KM. 39」外観イメージ

 (株)日本エスコンは12月27日、タイの不動産ディベロッパーであるOrigin Property Public Company Limited(オリジン社)の子会社Britania Public Company Limitedが進める戸建開発プロジェクト「(仮称)BRITANIA BANGNA KM. 39」(総戸数232戸)に出資および参画すると発表した。

 同プロジェクトは、オリジン社との共同事業である「Knightsbridge Sukhumvit-Thepharak」プロジェクトに次ぐ、タイにおける2件目の住宅開発。また同社初の海外での戸建開発プロジェクトとなる。

 開発予定地のあるバンナー地区は、タイ政府が推進する東部経済回廊計画のもと、バンコク中心部への交通の要衝として今後さらなる開発が見込まれるエリア。敷地面積は約6万8,644平方メートル。住戸はツインハウス(3LDK、176戸)、シングルハウス(4LDK、56戸)の2タイプ。共用部にはプールやフィットネスジム等を設ける。

 販売面積は土地が3万9,570平方メートル、建物が2万7,816平方メートル。販売開始は2023年8月、引き渡しは26年1月に完了予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年4月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2023年、不動産市場はどうなる?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/3/1

「海外トピックス」更新しました!

塩でできたエコな宮殿『パラシオ・デ・サル』【ボリビア】」配信しました。
富士山とほぼ同じ高さに広がる世界最大の塩の砂漠、ウユニ塩湖。そのほとりにあるのが、世にも珍しい“塩製”のホテル「パラシオ・デ・サル」です。現地ライターが建設の経緯や建物の特徴などをレポート!