不動産ニュース / 開発・分譲

2023/1/20

共用部電力を実質再生可能エネ100%とする賃貸住宅

「ラティエラ大鳥居」外観

 東京ガス不動産(株)は19日、都市型賃貸レジデンス「ラティエラ」シリーズ4棟・計611戸の供給を発表した。

 「ラティエラ大鳥居」(東京都大田区、鉄筋コンクリート造地上14階建て、総戸数200戸)、「ラティエラ武蔵小杉」(川崎市中原区、鉄筋コンクリート造地上6階建て、総戸数197戸)、「ラティエラ横濱大通り公園」(横浜市南区、鉄筋コンクリート造地上10階建て、総戸数88戸)についてはすでに竣工し、入居を開始している。「ラティエラ横濱鶴見」(鉄筋コンクリート造地上6階地下1階建て、総戸数126戸)は1月末の竣工予定で、2月より入居開始の予定。

 いずれの物件も、テレワーク需要に対応するため共用部にワークスペースを完備。専有部にも一部住戸にデスク設置スペースや稼働間仕切りによる小スペースを確保している。
 共用部の電力は、東京ガス(株)の実質再生可能エネルギー100%の「さすてな電気」を利用し、CO2排出量実質ゼロを実現している。「武蔵小杉」「横濱鶴見」「「横濱大通り公園」に設置した自動車充電設備の電力も「さすてな電気」とし、入居者が利用する電気自動車のCO2排出量も実質ゼロとする。さらに、「武蔵小杉」「横濱鶴見」には東京ガスが提供する集合住宅向けの電気自動車充電サービス「EVrest(イーブイレスト)」を導入。アプリ活用により利便性向上を図る。

「ラティエラ横濱鶴見」には、集中作業向けの個別デスクのスペースのほかに、大きめのソファでゆったり過ごせるスペースも用意

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

再生可能エネルギー

短期間に再生し、あるいは消滅しない燃料源から取り出されるエネルギーをいう。そのような燃料源として、太陽光、風、流水、植物・バイオマス、地熱などがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?