不動産ニュース / 開発・分譲

2023/1/25

千葉・市川で物流施設/オリックス不

「市川塩浜IIロジスティクスセンター」外観

 オリックス不動産(株)は25日、マルチテナント型物流施設「市川塩浜IIロジスティクスセンター」(千葉県市川市)の竣工を発表した。

 同物件は、首都高速湾岸線「千鳥町」ICから約3.6km。東京外郭環状道路(「三郷南」IC~「高谷」JCT)の開通で都心主要エリアへの良好なアクセスが整う物流適地に立地する。JR京葉線「市川塩浜」駅より徒歩約12分と雇用確保の面にも優れる。敷地面積約1万1,878平方メートル、延床面積約2万4,141平方メートル、鉄骨造地上4階建て。

 倉庫スペースは最小区画約3,600坪から最大2テナントの入居が可能で、テナントニーズに応じて垂直搬送機や事務所スペースを付加することもできる。1階の両面バースには約44台の大型トラックが接車可能で、テナントの効率的な入出庫オペレーションを支援する。

 また屋根には第三者所有モデルで約567kWの太陽光発電システムを導入。夜間や天候の影響で電力が不足する場合も、オリックス(株)が非化石証書付き電力を供給することで、施設内で使用する電力を100%再生可能エネルギー由来の電力で賄う。駐車場には電気自動車の充電スタンドを2台設置。こうした施策により、同施設はCASBEE(新築)Aランクを取得している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?