不動産ニュース / 開発・分譲

2023/2/17

JR「八幡」駅近くの住宅街で商住宅の複合開発

 西鉄グループは16日、北九州市八幡東区平野地区での商業・戸建住宅の複合開発計画を発表した。

 開発地は、JR「八幡」駅から約1kmの幹線道路沿い。開発面積は約1万653坪。商業エリアは5,658坪、戸建て住宅エリア(72区画)は4,995坪。投資額は25億円。

 日本新三大夜景として知られる皿倉山の麓に位置するロケーションから、商業エリアは「(仮称)皿倉テラス」と称し、飲食店やアパレルを誘致する。

 開発は、同社グループの(株)スピナが主体となり進める。スピナ初の商住複合再開発となる。戸建住宅エリアの建築・販売は、西日本鉄道(株)住宅事業本部が担当する。

 2023年度上期に造成着工、24年度上期に商業部分開業、同年度下期に戸建住宅の販売を開始する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。