不動産ニュース / 開発・分譲

2023/2/22

ZOZO専用の物流施設、つくばに竣工

物流施設「プロロジスパークつくば3」外観

 プロロジスは21日、ファッション通販サイト運営の(株)ZOZO専用の物流施設「プロロジスパークつくば3」(茨城県つくば市)の竣工式を執り行なったと発表した。

 開発地は、圏央道「つくば中央IC」より約2.0km、常磐道「谷田部IC」より約5.8km。北関東方面への配送に加え、圏央道を利用すれば都心部を経由せずに広域配送ができる物流適地。つくばエクスプレス「研究学園」駅より約1.3kmで、開発地から自動車で10分圏内に複数の住宅地があるため、雇用確保にも有利な立地となっている。敷地面積約6万8,512平方メートル、延床面積約15万7,367平方メートル、鉄筋コンクリート(柱)+鉄骨(梁)造地上5階建て。

 ワンフロア約3万1,000平方メートルで、茨城県下で最大規模の大型物流施設となる。倉庫内の自動化への対応など、最先端技術の導入を設計段階から視野に入れ、ノンブレースの構造を採用。大型車両が直接各階にアクセスできるダブルランプを備えた。施設内にはカフェテリアや休憩室を設けたほか、乗用車駐車場を571台確保。全館空調も導入した。

 災害対応として、非常時発電機の燃料オイルタンクを地下に備え、防災センターやカフェテリア、トイレなどの主要機能へ最大7日分の電力供給が可能。断水時も約30日間トイレが使える給水設備も整えている。環境負荷低減のため、全館でLED照明を採用。約3.9MWの太陽光発電システムも導入した。

 なお、同施設の敷地内にオフィス、シェア倉庫、実証実験エリアを備えたインキュベーション施設「inno-base TSUKUBA(イノベース ツクバ)」を、2023年4月に開設する。学術・研究都市つくばの立地特性を生かし、アーリーステージのスタートアップの事業成長に寄与していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。