不動産ニュース / IT・情報サービス

2023/3/6

西千葉のマンションで共用部専用アプリを初採用

「Plus SUITE コンシェルジュ」の表示画面
エントランスのデジタルサイネージでも、アプリの項目内容を表示する

 積水化学工業(株)住宅カンパニーは、同社が展開する分譲マンションブランド「ハイムスイート」の共用施設向けアプリ「Plus SUITE コンシェルジュ」を、新築分譲マンション「ハイムスイート西千葉」(千葉市稲毛区、総戸数87戸)で初めて採用。6日、報道陣に公開した。

 「ハイムスイート西千葉」は、複合開発「西千葉リードタウン」内のマンション。敷地面積4,612.56平方メートル、延床面積8,116.62平方メートル、鉄筋コンクリート造地上7階建て。専有面積は82平方メートル強、間取りは3LDKが中心。2月に竣工し、3月10日より入居を開始する。

 「Plus SUITE コンシェルジュ」は、共用施設の予約状況、利用ガイド、マンションからのお知らせ等の情報を発信するアプリ。「ハイムスイート西千葉」は、共用部に、キッチン付きのラウンジ、個室タイプのワークブース、防音室を用意している。アプリを入れたタブレット(共用スペースに設置)やエントランスのデジタルサイネージで、共用施設の予約状況等を確認できるようにすることで、居住者の利便性向上につなげる。

 同社は、すでに「ハイムスイート」居住者向けの専用アプリ「NiSUMU」を提供しており、今回同アプリと「Plus SUITE コンシェルジュ」を連携。居住者は、「NiSUMU」から共用スペースやシェア用品の予約ができる。
 加えて、各共用スペースの入り口には、予約システムと連携したスマートロックを採用することで、自宅の鍵や交通系ICカード等で解錠することを可能とした。

 4月にマンションを販売開始する予定の「成田リードタウン」(千葉県成田市)においては、同アプリ等を活用し、マンション共用部を戸建て居住者も利用できるようにする方針。

 なお、「ハイムスイート西千葉」は、2022年3月に販売開始し、同年11月に完売している。坪単価は160~165万円で、最多価格帯は4,200万円前後。購入者は、近隣エリアに住む20〜40歳代の一次取得者層が中心。隣接する分譲地「スマートハイムシティ西千葉」(全22区画)も21年10月に販売を開始し、22年5月に完売している。20区画を建築条件付き土地で販売した。建物も含めた価格は5,500万~6,500万円。建売住宅(2区画)の販売価格は約6,000万円だった。購入者は、マンションからの住み替え層も含む30~40歳代が多かったという。

「ハイムスイート西千葉」共用部の防音室
ワークブース

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。