不動産ニュース / その他

2023/3/6

投資マネジメント事業拡大、30年営利300億円へ

 三菱地所(株)は6日、投資マネジメント事業を拡大させていく方針を明らかにし、2030年度末の目標としてAuM(Assets under Management:運用資産残高)10兆円、投資マネジメント事業における営業利益300億円を据えた。

 20年度を初年度とする「長期経営計画2030」において、20年代中盤にAuMを5兆円とする目標を掲げていたが、これを22年度第2四半期に前倒しで達成。これを受け、新たな目標として設定した。

 同社は投資マネジメント事業として、日本、米国、欧州に加え、22年10月よりアジア・オセアニアでコアオープンエンドファンドの運用を開始。商品・サービスを充実させてきている。今後さらにグローバルにおける事業成長を加速させるために、同社が構築した日本・米国、欧州アジアの各拠点が連携する投資マネジメント事業のプラットフォームの名称を“Mitsubishi Estate Global Partners”に決定。今後投資マネジメント事業のグローバルブランドとして「MEGP」として展開していく計画。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。