不動産ニュース / 仲介・管理

2023/3/7

大東建託G、賃貸業務システム会社を子会社化

 大東建託グループの大東建託パートナーズ(株)は、不動産会社向けのシステム開発を手掛ける(株)セイルボート(広島市中区、代表取締役:西野 量氏)の発行済み全株式を取得し、子会社化したと発表した。

 同社は、住まいに関する手続きや物販、生活利便コンテンツの配信など、デジタル技術を活用した暮らしに役立つプラットフォーム「ruum(ルーム)」を運営し、全国の同社拠点や地域の不動産会社に提供している。一方、セイルボートは入居者募集から追客・接客・顧客管理、申し込み・契約といった賃貸業務を一貫してサポートするシステム「キマRoom!」シリーズを提供している。

 同社がセイルボートを子会社化することで、入居者募集から入居後の生活支援まで一貫したサービス提供が可能になる。賃貸業務のバリューチェーン全体をカバーすることで、不動産会社のDX化を促進する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。