不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/24

明和地所、神奈川県内でマンション2物件発売

「クリオ横濱桜木町ミッドグレイス」完成予想図

 明和地所(株)は24日、神奈川県内で分譲マンション2物件を発売した。

 「クリオ横濱桜木町ミッドグレイス」(横浜市西区、総戸数42戸)はJR「桜木町」駅まで徒歩7分。敷地面積は493.52平方メートル。建物は鉄筋コンクリート造地上10階建て、専有面積は43.21~80.57平方メートル。

 「横浜」駅周辺や関内エリアが生活圏となり、横浜都心部の生活利便性と緑豊かな住環境が整っている。角住戸中心の配棟計画で、間取りは全10タイプ、STUDIO+S~3LDKと幅広く用意した。総戸数40戸台のマンションながら、一般的に100~150戸規模のマンションに使用するネットワークを採用するなど、インターネット回線にも配慮した。

 1期は先着順16戸を売り出す。販売価格は5,042万~9,184万円、最多価格帯は5,000万円台と5,400万円台。竣工は2024年3月下旬の予定。

 「クリオ藤沢善行グランヒルコート」(神奈川県藤沢市、総戸数58戸)は、小田急江ノ島線「善行」駅まで徒歩5分。敷地面積は1,999.44平方メートル。建物は鉄筋コンクリート造地上8階建て。専有面積は54.37~87.24平方メートル、間取りは1LDK+S~4LDK。

 高台・南向きの配棟計画で、住戸から富士山や湘南エリアの眺望を楽しむこともできる。56戸に対して300戸クラスのマンションに使用されるネットワークを採用している。

 1期1次は22戸を発売し、販売価格は3,489万~6,981万円、最多価格帯は4,900万円台。竣工は24年7月下旬の予定。

「クリオ藤沢善行グランヒルコート」の共用部(サロンテラス)完成予想図

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。