不動産ニュース / IT・情報サービス

2023/5/1

日鉄興和不とLTA、スマートホーム普及へ連携

「Life Design! HOME LAB新宿三丁目」外観
スマートホーム体験ゾーンでは、照明やカーテンのオンオフ等が体験できる

 日鉄興和不動産(株)の社内研究機関であるリビオライフデザイン総研(リビオ総研)は4月28日、29日にオープンする未来の暮らし体験型ショールーム「Life Design! HOME LAB新宿三丁目」(東京都新宿区)を報道陣に公開した。スマートホームの普及活動を展開する(一社)リビングテック協会(LTA)と連携し、一般ユーザーや事業者にスマートホームで実現する「豊かな暮らし」「未来の暮らし」をアピールしていく。

 リビオ総研が展開する共創活動の一環。同社は、LTAの会員でもあり、LTAの「テクノロジーで暮らしを豊かにする」ミッションに共鳴し、今回の連携を企画。また、LTAは国土交通省の次世代住宅プロジェクト2022の採択事業として、常設型のスマートホーム体験ショールームの開設を検討していたことから、ショールームの一部をスマートホーム体験ゾーンとすることにした。

 同施設は、JR線他「新宿」駅徒歩3分に立地。一般ユーザーへの情報発信だけでなく、新たな共創活動につなげる場所としても活用するため、家電量販店が集中しオフィス街も近い新宿が選ばれた。広さは約110平方メートル。「未来の暮らし発見エリア」では、リビオ総研のこれまでの活動成果や最新の取り組みを大型モニター等でプロモーションするほか、イベント・ワークショップゾーンを設け、ユーザーや事業者を集めセミナー等を実施する。

 LTAが手掛ける「未来のテクノロジー体験エリア」では、スマートホームの寝室・キッチン・リビング等で何ができるかを再現。実際に体験できるゾーンや、最新スマート機器の展示ゾーンを設けた。スマート機器の対応家電は多数発売されているものの、「スマート機器を連携し、スマートホームの利便性を享受できていないユーザーは多く、また家電量販店もその仕組みをきちんと説明できていない」(リビングテック協会事務局長、長島 功氏)ことから、それらの説明に力を入れる。定期的に展示内容を変え、法人間の共創事業の相談や最新技術の情報収集の場としていく。

 また、リビオ総研は、これまでの研究成果やテクノロジーの進化、Z世代の価値観調査や同社マンション入居者への調査などを踏まえ、未来の暮らしや未来の不動産業を俯瞰した「LIVIO Future Agenda」を5月にもとりまとめる予定で、同施設等でその内容を発信。新たな共創活動を模索していく。同施設で得られたスマートホームに関連する知見や共創事業による商品を用い、24年度から自社物件へのスマートホームの実装を開始する方針。

 一般ユーザーは、予約なしで自由に見学が可能。オープン時間は、11~19時。年中無休。平日8~10組、休日は20組の見学を目指す。

最新スマート対応家電等の展示。これらをどう連携していくかといった説明も丁寧に行なう
ユーザーや事業者を対象にしたセミナーやワークショップも実施予定

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スマートハウス

家庭でのエネルギー消費を最適に制御するシステムを備えた住宅をいう。ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)によって家電、空調給湯設備、太...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。