不動産ニュース / その他

2023/6/15

24年にトランクルーム1万超出店/エリアリンク

 エリアリンク(株)は15日、メディアラウンドテーブルを開催。代表取締役の鈴木貴佳氏が、ストレージ事業の成長戦略と今後の取り組みについて説明した。

 同社は、ビルイン型・建築型・コンテナ型のトランクルーム「ハローストレージ」を、46都道府県で2,032物件・9万9,053室(23年4月末時点)を展開。年内には沖縄県に2物件をオープンする予定で、全47都道府県を網羅することになる。
 稼働率については、「住宅面積の狭小化や住宅価格の上昇、リモートワーク等を起因とした自宅での整理需要が高まったことなどが追い風となり、全体で90%以上を維持している」と話した。

 併せて、2023年度を初年度とする3年間の中期経営計画について言及。出店加速により売り上げを伸ばしていく計画で、22年度の2,915室から23年度は4,700室に。24年度1万400室、25年度1万4,000室の出店を目標とする。利益については、平均15%の成長を継続。7年後には営業利益100億円を目指す。

 成長を支えるための施策として、出店営業チームおよび施工部隊の体制強化、シンクタンクとの連携による出店データベースのさらなる精度向上などを挙げた。「コンテナに加え、小型木造ストレージの『ストレージミニ』、都市型の『ビルイントランク』の出店も強化する」と話した。

 また、海外戦略にも触れ、今期中に欧米・豪州への海外展開も開始すると発表した。ストレージ先進国のユーザーニーズ、ビジネスノウハウなどの情報を収集し、同社のサービス向上につなげていきたい考え。「最終的には、1棟型の屋内トランクルームを世界展開する」と抱負を述べた。

3月に新社長に就任した鈴木氏が、ストレージ事業の成長戦略と今後の取り組みについて話した

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

トランクルーム

分譲マンションにおいて、区分所有者が利用するために、各住戸とは別に設置された小型の倉庫のこと。区分所有者が各住戸を購入する際に、同時にトランクルームを購入する場合もあれば、区分所有者はトランクルームを所有せず、毎月使用料を支払う場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。