不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2023/6/26

物流施設私募ファンド、資金調達額が4,530億円に

 日本GLP(株)は26日、GLP Capital Partners Limitedによる物流施設に特化したオープンエンド型コア戦略の旗艦ファンドであるJapan Income Fund(以下「JIF」)の資金調達額が約4,530億円(32億米ドル)に達したと発表。これは、国内不動産会社からの大型コミットメントを含む150億円(1億600万米ドル)の新規資金調達を含む。

 JIFは、2020年に設立。日本国内の高品質で収益性の高い物流施設に特化した私募ファンドで、運用資産は7,000億円(約50億米ドル)を超えており、日本のオープンエンド型私募物流ファンドでは最大規模。国内外の年金基金、政府系ファンド、保険会社、その他の機関投資家を含む60以上の多様な投資家からの資金を運用している。23年3月31日時点のポートフォリオは22物件、合計総延床面積は200万平方メートル、稼働率は99%。

 日本GLP代表取締役社長の帖佐義之氏は「JIFとGLP投資法人の最近の増資の成功は、私たちの日本での投資活動に対する投資家の方々から評価いただいたものと考えている」といったコメントを発表している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

私募ファンド

投資家から資金を募って運用する事業のなかで、資金を募る対象者が狭く限定されているものをいう。また「プライベートファンド」ということもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。