不動産ニュース / IT・情報サービス

2023/7/12

生成AIの活用に向け実証実験/オープンH

 (株)オープンハウスグループは11日、企業のDXを支援するアジアクエスト(株)(東京都千代田区、代表取締役:桃井 純氏)と共同で、生成AIの事業活用に向けた実証実験を開始したと発表した。

 同実証実験では、米国マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」の複数種類の生成AIが利用可能な「Azure OpenAI Service」を使用。生成AIによる再学習を重ね、同社の業務課題に対する改善策を検証し、顧客へのサービス向上案を考案する。

 具体的には、(1)顧客から住まいの希望(間取り、広さ、予算など)を音声またはテキストで受け、推奨物件を自動生成する物件提案サービス、(2)設計図や物件パース、重要事項説明書、契約書などの作成のアシスト、(3)入居後の顧客からの問い合わせを自動回答する「仮想オンラインコンシェルジュサービス」、(4)顧客の要望に応じたアバターを自動生成などを検討していく。

 アジアクエストは、技術アドバイザーとして同社をサポート。定期的な意見交換を通じ、生成AIの本格的な活用に向けて、共同で同実証実験を進めていく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

DX

情報通信技術やデータを活用して、事業の内容や進め方を抜本的に変革すること。英語のdigital transformationの略。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。