不動産ニュース / 開発・分譲

2023/8/14

八重洲の劇場等の運営事業者、ぴあ・コングレに

 東京建物(株)は10日、再開発組合の一員として参画している「東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発事業」で整備する劇場・カンファレンス施設の運営事業者を、ぴあ(株)(東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内 廣氏)および(株)コングレ(東京都中央区、代表取締役:武内紀子氏)に決定したと発表。

 同再開発事業では、約1万600平方メートルの敷地に、地上51階地下4階建ての複合施設を建設する。主要用途は事務所、店舗、バスターミナル、カンファレンス、医療施設、駐車場等。

 劇場・カンファレンス施設は、同再開発事業の3~6階に位置する。約1万平方メートルの面積に、約800名収容の段床型劇場、平土間の大ホール(約750平方メートル)と小ホール(約160平方メートル)、会議室10室等を設置する。

 東京建物は今後2社と連携し、ビジネスからエンタテインメントまでさまざまな用途に対応した催しを同施設で展開することで、国内外から多様な人々を集客。エリア全体ににぎわいを創出し、国際都市東京の魅力向上に貢献していく。

 同再開発事業の竣工は2025年度を予定。

劇場客席のイメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。